[頓] 白雪姫殺人事件


よしむらもと@浅草線

『告白』を読んだ際、真っ先に思ったのは「こういう話思いつくひとって嫌だなー。」ということ。

女教師の独白から始まる復讐劇はセンセーショナルで、展開が気になり一気に読んだが、フィクションとはいえ、かなりの嫌汁が出た。


インターネットが普及し、今まで一方的に受け取るだけだったニュースが、双方向的になりつつあるのは非常に良いことだと思っている。

数人のコメンテーターによる発言だけではなく、TwitterなどのSNSで数多くの意見が見られるのは自分の客観性を保つ上で非常に役に立っている。

ひとつ思ったのは、「犯人が作られていく」ということは、インターネットが普及する前からあったと思われるので、この映画を観て「Twitterって怖い」という捉えられ方をされないといいな、ということだ。

TwitterだろうがFacebookだろうが、使っているのら「ひと」だ。
正しい感想は、「Twitter怖い」ではなく、「人間怖い」だろう。
ツールはどう使うかで武器にも凶器にもなる。

******

ポスターに写っている主要人物の6人は皆若手俳優で、平均年齢は27.8歳。
アイドル映画ではない映画で、同年代の俳優が活躍しているのは素直に嬉しい。

他にも染谷将太や谷村美月、小野恵令奈(『さんかく』はすごかった!)と若手演技派がズラり。

演技経験が他に比べ少ないであろう菜々緒も頑張っていて、マネキンのような美しさが今回の役にピッタリ。

展開も早く、映像や衣装も楽しめる一作。
どんでん返しが好きなひとにもオススメ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

Required fields are marked *.


WP-SpamFree by Pole Position Marketing